ホーム 工学専門書 高周波・マイクロ波回路 基礎と設計
高周波・マイクロ波回路 基礎と設計
小西良弘[著者]
発行元 ケイラボ出版
発売元 サイペック株式会社
2003年11月5日 初版第1刷 発行 単行本: 357ページ
ISBN-10: 4898080448
ISBN-13: 978-4898080443


- 目次 -

1.電波とTEM分布定数線路
 1.1TEM波の性質
 1.2TEM線路の減衰定数
 1.3進行波と反射波の合成
 1.4インピーダンス、アドミッタンス、スミス図表
 1.5有限長線路の性質と応用

2.平面構造形導波路とその特性
 2.1マイクロストリップ線路
 2.2コプレーナー線路
 2.3スロットライン
 2.4サスペンデッドライン
 2.5各種平面構造波路(伝送線路)の比較

3.TE, TM波と導波管
 3.1TE, TM波と導波管
 3.2種々の導波管のモードと遮断波長λc及び減衰定数α

4.導波路の基礎事項
 4.1導波路の電圧・電流の表わし方と定義1を用いた時の集中定数等価回路
 4.2導波路内のエネルギー分布と大きさ
 4.3導波路の損失
 4.4横共振法の原理と手法

5.回路解析の基礎事項
 5.1回路定数を示す行列とパラメーター
 5.2回路定数と種々の物理量との関係
 5.3均一媒質中の平行多線路の電圧、電流を示す式
 5.4分布定数線路を含む回路の等価回路例

6.マイクロ波回路
 6.1電力分配・合成器
 6.2方向性結合器
 6.3平衡不平衡変換器(balun)
 6.4非可逆回路(又は非相反回路)素子
 6.5フィルタの構成
 6.6直交モード分離・合成器)

7.応用システム
 7.1円偏波発生システム
 7.2直交偏波及び周波数分離機 能をもつ送受信システム
 7.3TVの定インピーダンスノッチダイプレックサ
 7.4種々の電力合成システム

8.設計例と総合問題

9.設計用資料
・マイクロストリップ線路の特性インピーダンスと実効誘電率
・スロット線路の特性インピーダンスと実効誘電率
・コプレーナーの線路の特性インピーダンスと実効誘電率
・導波路の不連続部分の等価回路と定数
・広帯域多段方向性結合器の各段の結合機
・B.P.F.の共振器間の結合係数
・均一媒質中の結合平行線路の偶モード及び奇モードインピーダンス


* この本1冊だけであれば レターパックに入ります。

この商品は、在庫が無くなり次第終了となります。

高周波・マイクロ波回路 基礎と設計
定価 35,000円(税込37,800円)
販売価格

35,000円(税込37,800円)

在庫数 1 冊
購入数

・郵便振替
・銀行振込

詳しくはこちらをご覧下さい。
・日本郵便レターパック ライト/プラス
・ヤマト運輸 宅急便

詳しくはこちらをご覧下さい。